エーペックスレジェンドで「パフォーマンス表示(FPS/フレームレート/Ping/パケットロス)」を表示する方法【ゲーム内・Origin・Steam・GeForceExperience・MSIAfterburner】

 

 

 

「Switch版Apex Legendsでフレンド申請しても届かない/フレンド出てこない/フレンド検索できない/検索ボタンが表示されない等の原因?」

Apex Legendsに限らず、FPSにおいてゲーム内で良いパフォーマンスを発揮するためには、ゲームの性能が重要なポイントになります。人気の高い高速バトルロイヤルゲームであるApex Legendsには熱心で活発なプレイヤーがおり、プレイヤーはチャンピオンの座を何度もつかみ取るために競い合っています。

ゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性のある問題はたくさんありますが、何フレームがドロップしているかを確認することが重要です。もしかしたら、マップの特定のエリアでフレームが大幅に低下するかもしれませんし、あるエリアにプレイヤーが多すぎると、ゲームがあまりスムーズでなく感じるかもしれません。

 

この記事で解決する疑問

・エーペックスレジェンドで「パフォーマンス表示(FPS/フレームレート/Ping/パケットロス)」を表示する方法

 

このページでは『エーペックスレジェンドで「パフォーマンス表示(FPS/フレームレート)」を表示する方法【ゲーム内・Origin・Steam・GeForceExperience・MSIAfterburner】』を紹介していきます。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

ApexLegendsでゲーム内のFPSカウンターを表示する方法

 

この方法は、ゲーム自体の機能であるため、非公式な「公式方法」となっています。

「パフォーマンス表示」オプションを有効にすると、ゲームに関連するデータを表示する小さなボックスが表示されます。ゲーム画面の右上隅に【1秒あたりのフレーム数、遅延(ping)、およびパケットロス】が表示されます。

 

【設定の手順】
  1. エーペックスレジェンドを起動します。
  2. Escキーを押します。次に、[設定]をクリックします。
  3. [ゲームプレイ設定]で、下にスクロールして[パフォーマンス表示]オプションをオンにします。
  1. それでおしまい。試合中、FPSは右上隅に表示されます。

 

 

Originを使用してApexレジェンドでFPSカウンターを表示する方法

 

元々Originのみで発売されていたこともあり、今でも多くのプレイヤーがOriginを利用して「Apex Legends」にログインしています。

Apex LegendsのOrigin FPSカウンターは、以下の手順でオンにすることができます。

 

  1. Originクライアントを起動し、左上のOriginをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューで、[アプリケーション設定]をクリックします。
  1. Origin In-Gameをクリックし、「EnableOriginIn-Game」オプションをオンにします。
  2. 次に、[FPSカウンターの表示]で、FPSカウンターを表示する場所を選択します。

 

上記の方法に従うと、すべてのOriginゲームでFPSが有効になります。Originでは、オーバーレイのレイアウトとデザインをさらにカスタマイズできます。

 

 

 

SteamのApexLegendsでFPSカウンターをオンにする方法

 

 

Apex LegendsはSeason 7の発売と同時にSteamに登場しました。

Originの方法と同様に、SteamでFPSカウンターを有効にすると、Steam経由で起動したすべてのゲームにFPSカウンターが表示されるようになります。

精度が高く、サードパーティ製のソフトウェアが不要になります

 

【設定の手順】
  1. Steamを開き、Steam設定に移動します。
  1. 左側で、ゲーム内設定をクリックします。
  2. ゲーム内FPSカウンターオプションを選択し、ドロップダウンメニューからFPSカウンターを表示する場所を選択します。

 

 

 

GeForceExperienceを使用してFPSカウンターを有効にする方法

 

この方法は、NVIDIAグラフィックカードユーザーにのみ適用されます。

NVIDIAは最も愛されているグラフィックカード開発会社の1つであり、この方法はコンピュータシステムでプレイされているすべてのゲームを包み込むでしょう。

NVIDIA GeForce Webサイトにアクセスして、最新のドライバを確認してください。

 

【設定の手順】
  1. 最新のNVIDIAグラフィックドライバをインストールすることから始めます。
  2. GeForce Experienceパネルの設定(歯車アイコン)をクリックします。
  3. [一般設定]で、[ゲーム内オーバーレイ]オプションを選択し、その設定に移動します。
  1. 次に、HUDレイアウトオプションをクリックして、FPSカウンターをオンにします。

 

 

 

MSIアフターバーナーを使用してApexLegendsでFPSを表示する方法

 

最後になりますが、Apex Legends の FPS を表示するのに便利な方法のひとつに、MSI Afterburner を使用する方法があります。グラフィックカードのオーバークロックや調整に興味のあるユーザーは、MSI Afterburnerの利便性をよく理解しています。

MSI Afterburnerは、グラフィックカードの様々な統計チェックを提供し、ユーザーはゲーム内のFPSカウンターを有効にすることもできます。

【設定の手順】
  1. MSIAfterburnerをインストールすることから始めます。
  2. 以下に示すように歯車アイコンをクリックして、MSIアフターバーナー設定を開きます。
  1. 3番目のタブ– [監視]をクリックし、[グラフ]の下で[フレームレート]オプションまで下にスクロールします。フレームレートの左側にあるチェックマーク記号をクリックして、有効にします。
  2. 次に、「オンスクリーンディスプレイに表示」も有効にします。
  1. 有効にすると、新しく追加された[オンスクリーンディスプレイ]タブでさらに微調整やカスタマイズが可能になります。

 

MSI Afterburnerを使用すると、CPUとGPUの温度を有効にして、より高度なハードウェアパフォーマンスの監視が可能になります。

 

 

まとめ

 

 

今回は『エーペックスレジェンドで「パフォーマンス表示(FPS/フレームレート/Ping/パケットロス)」を表示する方法【ゲーム内・Origin・Steam・GeForceExperience・MSIAfterburner】め』の紹介でした。

 

ゲーム内のFPSカウンターを有効にすることは、最も難しいタスクではありませんが、それをさらにカスタマイズしたり、追加したりするためのオプションが豊富に用意されていることが特徴です。

FPSカウンターを有効にするためのサードパーティーソフトウェアは数多く存在するため、その中から価値のあるものだけを紹介します。

120hz、144hz、240hz などの高いリフレッシュレートに対応したモニターでプレイする場合、ゲーム内で同じフレーム/秒を計算できるハードウェア能力をシステムが持っていることが重要です。

ゲーム初心者でも、Apexのベテランでも、ゲームのパフォーマンスと一緒にインゲームパフォーマンスを監視することが重要です。Apex LegendsでFPSカウンターを有効にするためにどのような方法を使用しているか、以下に教えてください。

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
ゲーム回線廃人
ゲーム回線廃人です。 幼少期からパソコンに興味があり、ネットゲームやPCゲームを遊ぶ内にネット回線に詳しくなる。数年ネット回線関連の職業に就いた際の知識をわかりやすく解説していきます。回線選びに悩んでいる方はお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。