Switchがラグい場合の原因とSwitchでラグを解消するためにできる修正方法【ニンテンドースイッチ】

 

 

 

「 Switchの対戦でラグが多いて困っている・・・・」

このような悩みや問題に直面している場合「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」、[スプラトゥーン]、[フォートナイト]などの対戦で悪影響が出ているかと思います。

実際ネット上でもそのような声は多いようで・・・

 

 

 

 

正直環境によっては満足にオンラインゲームができないレベルのラグは発生することもある。

ただ適切な設定や環境を整えることで悩まされていたSwitchのラグ問題をすっきり解決する可能性があることを知っていましたでしょうか??

 

この記事で解決する疑問

・MTU値とはなに???
・スイッチでMTU値を設定する方法
・それでもネット環境が改善しない場合の解決策

 

このページではSwitchの通信速度改善に効果がある『Switchがラグい場合の原因とSwitchでラグを解消するためにできる修正方法【ニンテンドースイッチ】値』を紹介していきます。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
  サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

ニンテンドースイッチでラグい問題が発生する原因は通信方式

 

 

Switchはほかのゲームデバイス(PS4・パソコン)に比べて【ラグが多い】ことで有名です。

 

 

 

この理由としては[ゲームで使われる通信方式]に関係しています。

 

 

【クライアントサーバー(CS)方式の特徴】

 

クライアントサーバー(CS)方式はプレイヤーとサーバー間で行う通信方式になる。

 

特徴
  • 自分の回線環境がゲームに反映
  • FPSやMMOなど大型オンラインゲームで採用
  • チートプレイの監視
  • サーバーに負荷が集中するためダウンする可能性が高い。

 

ユーザー同士の直接的な端末接続はなく、かならずゲームサーバが媒介となってゲームプレイをするシステムなので通信問題は[サーバーか自分のネット環境]が原因になる。

 

 

【P2P方式の特徴】

 

 

P2P方式プレイヤーとプレイヤー間で行う通信方式になる。

 

特徴
  • プレイヤー間の通信のため他プレイヤーの回線環境の影響あり
  • 少人数のマルチゲームで採用
  • 不正プレイの対策なし

 

ユーザー同士のため自分の回線が速くても、通信相手が低速度のネット環境の場合それに合わさるためラグや遅延が起こりやすい通信方式になります。

 

 

Switchのオンライン通信はほぼP2P方式

 

そしてSwitchでよく遊ばれるメジャータイトルはほぼ[P2P方式]となっています。

実際に「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」[スプラトゥーン]などのタイトルはP2P方式のため、正直ラグに関するネット上の苦情は多々ある印象です。

 

 

 

 

クライアントサーバー(CS)方式の場合は自分の回線状況を整えることで、完全にラグや遅延などからおさらばできますが、P2P方式は通信のシステム上ラグの確実な回避方法はありません

 

名前
ならラグを直す意味はないのか??

 

と思うかもしれませんがそんなことはありません!!

 

実際自分のネット環境が遅い場合もありますし、クライアントサーバー(CS)方式のゲームタイトルもSwitchには発売されていますので対策を立てておいた方が賢明です!!

 

 

 

Switchのラグを改善する方法【無料版】

 

Switchのラグを解消していくために対策していきましょう。

まず手軽に今すぐ試しやすい無料で解消する方法についてまとめました。

 

  • SwitchのDNS設定を変更する
  • SwitchのMTU設定を変更する

 

 

無料の方法のため改善幅は少なめですが、まず試してみましょう。

 

 

方法1:SwitchのDNS設定を変更

 

インターネット通信(検索やオンライン通信含め)は接続する際に「ドメインを検索⇒DNSサーバーに連絡⇒ドメインとIPアドレスを結びつける⇒接続」といった流れが基本。

この[ドメインとIPアドレスを結びつける]という作業がDNSサーバーのスペックに依存します。

 

 

なのでできるだけ性能の高くスペックに優れたなDNSサーバーを使ったほうがインターネットにつながりやすく、通信が速くなるので設定していきましょう。

 

 

↑SwitchのDNS変更方法

 

上記の方法で細かく解説していますので設定していきましょう。

 

 

方法2:SwitchのMTU設定を変更

 

MTUは「MaximumTransmissionUnit」を略した言葉です。

MTU値はネットワークを介して転送できるデータの最大量値を表した数値で、MTU値が回線に合っていないと以下のようなデメリットが発生します。

スムーズでラグのないゲーム体験のためにMTUを調整することを提案しています。

 

 

↑SwitchのMTU変更方法

 

上記の方法で細かく解説していますので設定していきましょう。

 

 

Switchのラグを改善する方法【有料版】

 

 

上記の方法で通信速度・ラグが改善しない場合は有料の方法を試しましょう。

 

  • ネット回線を切り替える方法
  • VPNを利用する方法
  • Switchの通信を有線接続に切り替える方法
  • IPv6通信・v6プラスで接続する方法
  • 古いルーターを新しいルーターに買い換え

 

 

番号が若い順で改善度が高いので参考にしてみてください。

 

 

方法1:ネット回線を切り替え

 

上記の方法を試してもし劇的に改善しない場合はそもそものネット回線に問題がある可能性が非常に高いと言わざるを得ません!!

特に以下のような回線を利用している人は、乗り換えをおすすめします。

 

  • マンションに無料で付いている回線:D.U-netやレオネットなど
  • 持ち運び系のWi-Fi:WiMAXシリーズや○○Wi-Fiシリーズ
  • コンセント挿すだけ回線:ソフトバンクエアーやホームルーター
  • ADSL回線:YahooBB、フレッツADSL
  • CATV回線:Jcomやベイコムなど

 

もちろんこれらの回線が絶対に悪いというわけではありませんが、データや口コミを見る限り、悪い可能性が高いので注意しておいた方が良いです。

回線を切り替えるならゲームでの評判が良い以下の回線をおすすめします。

 

■Ping値が低い回線一覧
回線 平均ダウンロード・アップロード値
NURO光  ダウンロード速度:460.91Mbps
アップロード速度:401.01Mbps
コミュファ光 
※東海地方限定
ダウンロード速度:650.95Mbps
アップロード速度:342.36Mbps
ソフトバンク光 ダウンロード速度:316.63Mbps
アップロード速度:186.24Mbps
eo光 
※関西限定
ダウンロード速度:439.11Mbps
アップロード速度:297.6Mbps
auひかり ダウンロード速度:368.15Mbps
アップロード速度:266.42Mbps
ドコモ光 ダウンロード速度:284.11Mbps
アップロード速度:194.54Mbps

 

 

特におすすめなのは、「 NURO光 」「 auひかり です。

これらの回線は独自の配線設備を利用してサービスを提供しているため、他社の回線と比較して高速で安定しており、ゲームに向いた性能になっています。

 

そして、これらの回線に次いでおすすめなのが「 ドコモ光 」や「 ソフトバンク光」です。

ドコモやソフトバンクはどれもフレッツ光と同じ回線設備を利用しているため、大まかな回線の特徴は変わりません。(多少違いますが…。)

なので、スマホとのセット割や料金などで選んでみると良いと思います。

 

オンラインゲーム向きのおすすめネット回線3選特徴まとめ!ゲーマー御用達の最強回線は?

 

こういったゲームにおすすめの回線や特徴については、以下別記事で解説していますので、切り替えを検討している人はチェックしてみてください。

 

 

 

方法2:VPNを利用する方法

 

ネット回線の切り替えは通信速度の改善や安定にかなり効果的ですが、どうしても「回線切り替えまで時間が掛かる」「手続が面倒」など手軽さには欠けます。

そういった場合は通信環境に【VPN】を導入することをおすすめします。

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国・各地域にあるサーバーを暗号化しつつワンクリックで使用できるサービス

 

 

 

方法3:Switchの通信を有線接続に切り替える方法

 

 

Switchを携帯モード等で無線で通信している方は【有線接続】に切り替えてみましょう。

どうしても無線の場合は障害物などがあるため、有線に比べると通信の安定性にかけておりラグなどの問題が発生しやすいです。

Switchに有線ケーブルを接続してみましょう。

 

 

LAN-USBアダプター

 
 

LANケーブル

 

 

 

 

Switch本体には直接LANケーブル端子がないので、別でLANアダプターを用意しましょう。

 

 

↑Switchを有線ケーブル変更方法

 

上記の方法で細かく解説していますので設定していきましょう。

 

 

方法4:IPv6通信・v6プラスで接続する方法

 

 

 

 

IPv6はIPv4に変わる新しいインターネット接続方式として登場した物!!

IPv6ではいままで問題だった回線混雑を避けることができるため通信が安定・速度改善されます。

 

 

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

↑SwitchをIPv6通信・v6プラス設定する方法

 

 

いま自分が契約している回線がIPv4 over IPv6に対応しているなら、設定法と問い合わせで切り替え可能です。

 

 

方法5:古いルーターを新しいルーターに買い換え

 

ルーターは4~5年前後を目途に買い替えるのが一般的。

その理由としてはルーター本体の機械的な寿命や無線の新しい規格が一般普及したりするタイミングが上記周期と言われてます。

個人的にもいままで数度買い替えを行っていますがWifiが途切れたり通信が遅くなり始めるのが4~5年のことが多かったので割と信憑性があるかと思いますね。

 

【古いルーターの買い替え目安】

  • カラカラ・チリチリといった異音がする
  • 無線規格が11acに未対応
  • 最大1Gbps以上に未対応

 

 

 

 

あとルータが安価であれば「壊れやすい」ことは中国産のルータを使用して半年で故障した管理人が保証しますのである程度の価格帯はキープしておいたほうが結果安上がりです笑

 

 

オススメのルーターについては、以下の記事で解説していますので、気になる人は合わせてチェックしてみてください。

 

 

 

Switchのスプラなどの同期ずれ・同期ズレ関連のラグ

 

 

「敵が急にワープする」「敵に攻撃が当たらない」「味方の場所がおかしい」「攻撃ダメージが低い・高い」などの問題は【同期ズレ・同期ずれ】の可能性も高い。

オンラインゲームには常に異なる環境でプレイヤーたちが通信しているため、情報だけを数フレームごとに受信しラグがない状態を見れるようにする[同期]システムが必須になります。

ただこのシステムの問題点として数フレーム間はリアルタイムの情報がないため、その間の映像はゲームサーバー側の予想映像となってしまいます。

 

 

 

↑ふーみそんTwitterから抜粋

 

ゲーム側が[プレイヤーの動作を先読みして映像化する]というめちゃくちゃすごい機能ですが、あくまで予想なので外れることももちろんございます。

 

 

 

 

そのような事態は次のフレーム受信時に正しい位置に受信するため、結果ワープしていたり・上の動画のようにダメージ率に変更があってしまう問題が発生する。

 

↑同期ズレ関連の情報

 

この現象ついての解説や対策方法は上記から確認しましょう。

 

 

まとめ

 

 

今回は【Switchがラグい場合の原因とSwitchでラグを解消するためにできる修正方法【ニンテンドースイッチ】】の紹介でした。

改善方法は契約しているネット回線を変更することで劇的に改善する場合が高いのでしっかりと確認するようにしましょう。

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
  サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。