オンラインゲーム向きのおすすめネット回線3選特徴まとめ!ゲーマー御用達の最強回線は?

 

 

「日々の仕事や学業の疲れをゲームでストレス解消する方も多いのでは??」

ただオンラインネットゲームには回線落ちやラグのせいで、楽しいどころか却ってストレスを抱えてゲームをしている人が多くいるそうです。

実際に昔ネトゲ廃人の自分も利用している回線が遅すぎて、対戦に負けたり一緒にプレイしているフレンドに迷惑を掛けたりなどめちゃくちゃイライラして嫌な時間を過ごしていました・・・笑

 

この記事で解決する疑問

・オンラインゲーム向きの回線選びで重視するべき項目
・ラグで苦しんでいた管理人おすすめの回線
・いま利用している回線がゲーム向きの回線??
・回線速度改善におすすめの周辺機器

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3

このページでは管理人が様々な回線を試して行き着いた『オンラインゲーム向きのオススメ回線』を紹介していきます。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオンラインゲームにおすすめのネット回線ベスト5
サービス概要 詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
ソフトバンク光 ・最大1Gbpsの高速回線
・IPv6高速ハイブリットで安定
・IPv6のポート制限なし
詳細
 auひかり  ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
ドコモ光 ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
電力回線 ・最大1Gbpsの高速回線
・独自の光配線網で安定
・地域差アリ
詳細

※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

(1)NURO光:最大2Gbpsの超高速回線

 

 

結論結論数ある回線の中で上記のおすすめの回線5つに絞りました!

各々にメリット/デメリットがありますので下記の記事を参考に!!

 

 

【速度重視】オンラインゲーム回線の選び方

 

オンラインゲーム回線を選ぶ際には「速度」と「安定性」と「Ping値」に注目をしましょう。

 

速度が速い回線(読み込み速度改善)

 

やはりオンラインゲームの快適さには「通信速度

最大通信速度は、情報を読み込んだり、データをダウンロードしたりする「下りの速度」と、情報をアップロードする「上りの速度」に分かれています。

ファイルをダウンロードするだけなら「下りの速度」が早ければ問題ありませんが、オンラインゲームの場合自分の操作をサーバーに反映させるために「上りの速度」も重要!!

 

速度が遅いとマップや敵の読み込みなどに影響しますし、あまりにも遅すぎるとマッチングがうまく行かず跳ねられるなんてことも(実体験済み笑)

 

 

快適に遊ぶための通信速度の目安

 

上記でゲームでは「下りの速度」「上りの速度」両方必須なのがわかったかと思いますが
快適に遊ぶための通信速度の目安を見ていきましょう。

 

目安 下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
快適!! 100 Mbps ~ 100 Mbps ~
たまにカクつく/FPSは厳しい 50 Mbps ~ 50 Mbps ~
動きの少ないゲームなら辛うじて・・・ 40 ~ 20Mbps 40~ 20Mbps
オンラインゲームは諦めましょう笑 20 Mbps未満 20 Mbps未満

 

目安としては最低でも30 Mbpsは欲しい。 100Mbps程あれば安心して利用できるでしょう。 100Mbpsあれば不自由せず、快適にゲームが楽しめます。

 

計測速度サイト FAST

 

 

自分の回線がどの程度の速度なのか計測してみることを勧めます!

 

 

 

夜に回線が遅くなる場合は??

 

特に夜になると遅くなる方でマンションにお済みの方は【共有型】の場合があります。

共有型の配線方式はネット回線を住人で共有しなければいけません

なので昼は快適ですが、一世帯あたりの通信量が増える夜になると
劇的に回線速度は落ちてしまいます。

 

自分が実際に住んでたマンションが【共有型】でして夜になると、画像すら表示されるのに数秒待たされるレベル(10-50MBPS)でオンラインゲームが引っ越し当初できないレベルでした・・・笑

なので速度に優れた回線を選ぶ必要があります。

 

 

回線落ちなしの安定感回線(回線落ち改善)

 

またオンラインゲームを快適に楽しむためには[回線の安定感]も必須!

これが以外に見落としがちな項目で自分も見かけの速度に騙されて何回も痛い重いをしてきました笑

普通のウェブ閲覧や動画視聴ぐらいであれば特に問題ないんですが、リアルタイムの動きが重要になるオンラインゲームの場合一瞬回線が切れるだけでも命取りで回線が戻ったら蜂の巣にされていたことも笑

 

安定感を求めるならIPv6対応プロパイダを選びましょう。

IPoE IPv6通信の図

※NTTドコモサイト IPv6接続方式の解説

 

IPv6接続方式とは、従来の「IPv4」と比べて回線が混雑しにくい接続方式のことです。

このIPv6接続方式を利用することで途切れがちだった回線の安定性と速度がわざわざ計測する必要もなく、肌感覚で速度改善がわかるほどに変更されたのを感じました。

 

例えるなら・・・
  • IPv4接続方式:一般道路:利用者が多く道も狭いので渋滞(回線落ち)しやすい
  • IPv6接続方式:高速道路:道幅も広く速度が出やすい用に整備

 

デメリットとしてはIPv6接続方式対応のWi-Fiルーターが必要になるのでお持ちのルーターが対応していない場合購入しておくことを勧めます!

 

 

ラグ防止にはPing値を確認(応答速度改善)

 

最後に確認しておきたい項目がPing値

あまり聞き慣れない単語ですが、回線選びには必須の項目でPing値(ピングち)とは、【インターネット通信におけるデータ送受信の応答速度】のこと。

ゲームにおいては「遅延/ラグ」に即決します。

 

 

↓Ping値の目安はこちら

目安 Ping値
快速/遅延を認識できない 20 ms 以下
動作が遅れる/判定に若干の誤差 20~ 50 ms
動作がもっさり/標準がブレる 51 ~ 99 ms
オンラインゲームは諦めよう 100 ms 以上

 

Ping値の数値は低ければ低いほど良く、数値が悪い場合ゲーム中の操作の遅延や、判定が遅れる原因

1ms~20msなどのようにPing値が低い回線なら、常にデータの送受信が行われるアクション系やレーシング系のオンラインゲームでも快適に遊べるようになります

理想は20ms以下ですが、50ms以下ならゲーム自体はプレイできるレベル!!

 

 

オンラインゲーム向き!ゲーマー御用達のネット回線3選

 

特に『格ゲー』や『FPS(TPS)』などを中心にプレイしている方なら経験があるかと思いますが、回線が弱小すぎて動きにラグが生じて負けたり、『MMO』系のゲームならボス攻略中に飛んでしまったりなど「回線が悪いことで自分だけじゃなくて味方に迷惑がかかってしまう・・・」という申し訳ない気持ちになりますよね。。

 

▲回線弱者というだけで暴言を吐かれるようなことも

 

現状遅延やラグに悩まされていてゲームを心から楽しめない方
ゲームをするならゲーム向きの回線を使うのが一番の解決法です!!!

 

オンラインゲームばっかりやってきた管理人が試行錯誤して試した回線の中で特におすすめの回線を3つに絞りましたので、回線選びの参考にしてみて下さい。

 

独自光ファイバーで超高品質『auひかり』

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,100円
(マンション:3,800円)
キャンペーン 最大40,000円キャッシュバック
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(プロバイダSo-net) 
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自光ファイバーを利用しており高速&安定
  • ネット回線の中でもトップクラスに高いキャッシュバック
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

 

最初に紹介するのが、三太郎でお馴染みのauひかりです。

三太郎に限らず、独特なCMで度々話題に挙がるauひかりですが、実はネット回線自体もかなり高品質なモノを持っています。

auひかりの最大の強みは、独自の光ファイバーを所有していることです。

独自の光ファイバーを持っていることはゲーマー界でも高く評価されており、「やっぱり独自のファイバーがある回線業者じゃないとだめだね!」という人も多くいます。

実際独自の光ファイバーを持っていることで、他社との回線混雑に巻き込まれることなく安定しており、速度(実測平均236.6Mbps)・PING値(ゲーム内PINGで1桁も可能)がともに高い水準に仕上がっています。

▲独自の光ファイバーを持つauひかりは
速度・PING値・安定性いずれも高水準。

また、auひかりは提供エリアも広く、高額なキャッシュバックも特徴の1つです。

公式サイトからの申し込みでは高額なキャッシュバックが貰えないモノの、So-net(プロバイダ)から申し込みを行うことで、最大40,000円のキャッシュバックが貰えます。

auひかりはかなり高品質で、オンラインゲーム向きの回線として筆頭候補に挙げられる回線ですので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい

auひかりはNURO光と同じように独自回線を利用しているため回線が混雑しにくいです。
1番オーソドックスなプランは下り最大1Gbpsですが、5ギガ/10ギガのプランも提供されています。

最大速度5ギガ/10ギガのサービスでは、『超高速スタートプログラム』という月額料金割引が実施されており、開通から36ケ月間は55円の割引で高速光回線を始めることができます。

月額料金は標準的ですが、キャッシュバックが高額なので実質大きな割引となり、月額料金が安めになります。

 

【So-net 光 (auひかり)】

auひかりのメリット

 

 

 

auひかりのデメリット

 

 

 

 

 

最低100Mbpsの補填制度アリ『ドコモ光』

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,500円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB) 
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度補填サービスを実施している
  • GMOとくとくBBが公式で平均速度を公開している
  • 全国の約93%にサービスを提供している

 

 

続いて紹介するのは、言わずとしれた知名度を持つドコモ光です。

ドコモ光を運営しているのはNTTドコモで信頼度も高く、今回紹介する3つの回線の中では最もシェア率が高いネット回線になっています。

ドコモ光の特徴は、最低100Mbpsの速度補填制度です。

一般的にネット回線は繋いでみるまでどれくらいの速度が出るかは分からないモノなのですが、ドコモ光では開通後100Mbpsを切ることがあれば補填が行われます。

 

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用していますが、ドコモ光では『v6プラス』という従来よりも混雑しにくい接続方式を利用しているため、速度の速さに定評があります。
利用者の96.8%が速度が速いと答えているほどです。

ドコモのスマホっを利用していると、ドコモ光セット割で毎月最大1,100円の割引が、対象の家族全員受けられます。
IPv6対応の最新Wi-Fiルーターが無料レンタルできる特徴もあります。

特にGMOとくとくBBからの申し込みなら、最新のWi-Fiを無料でレンタルしてもらえるため、十分に速度を発揮することができます。
しかも、当サイト経由で申し込めば、オプション条件なしで20,000円キャッシュバックをもらうことができますよ。

  • 利用者の96.8%が速度が速いと回答
  • IPv6対応のWi-Fiルーター無料レンタル実施中
  • 工事費無料
  • ドコモスマホ割あり
  • GMOとくとくBBからの申し込みで20,000円キャッシュバック

 

▲ドコモ光(GM
OとくとくBB)は速度に自信あり。
速度補填もあり、平均速度も公開している。

それだけではなく、ドコモ光は公式サイトで平均速度も公開しています。

速度に自信が無いと出来ないような事をしているドコモ光は、「大丈夫か不安…」という人でも安心して契約することが出来るでしょう。

NTTドコモ運営でシェア率も高く、オンラインゲームをするには十分な性能を持っている回線ですので、候補の1つとして加える価値はあるでしょう。

 GMOとくとくBBのドコモ光

☞ ドコモ光(GMOとくとくBB)へ

 


 

 

 

 

▲ドコモ光は速度・PING値ともに優秀

プロゲーマー御用達の本格回線 最大2Gbps回線『NURO光』

最大速度 最大2Gbps
月額料金 5,217円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ 
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 次世代技術を用いた世界最速級2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内PING値で1桁を出せる圧倒的な応答速度
  • NURO光独自の配線方式を利用した抜群の安定性
  • 関東・東海・関西・九州・北海道に対応

そして、最後に紹介するのが次世代型高速回線NURO光です。

SONYグループの子会社であるSo-netが運営しており、今まで日本で使われていなかった技術を用いて開発された最大2Gbpsの超高速回線になります。

オンラインゲーム向きの回線としてNURO光は間違いなく外せません。

auひかり同様に独自の配線網を持っているため安定性は抜群で、実測平均値は驚異の501.9Mbps、ゲーム内PING値で1桁を出すことも可能なとんでも性能になっています。

『NURO光』は、日本代表選手選考会の会場として利用される日本初のe-Sports施設「LFS池袋 eSports Arena」でも採用されている。利用されているのは今回推奨する個人プランとは異なるが、世界レベルで競うe-Sports施設で利用されている『NURO光』は最高レベル品質を提供できている証明でもある。

日本初のe-Sports施設、日本代表選手選考会の会場として利用される「LFS池袋 eSports Arena」の画像出典:https://www.lfs-esportsarena.jp/

▲NURO光はゲーム向きとしては最強の回線。
eSports施設でも使われており信頼性は高い。

また、プロの大会が行われるeSports施設でも採用されていることもあり、現状日本トップクラスの回線と言えるでしょう。

ただし、NURO光が使えるのは『関東・東海・関西・九州・北海道』だけです。

使える人は限られてしまいますが、「オンラインゲームをするならNURO光」というゲーマーも多く、ゲーマーからはかなり熱い支持を受けています。

管理人も愛用している回線なので、使える方はチェックしてみるといいでしょう。

 

NURO光は、最大2Gbpsの最速光回線のため、オンラインゲーマーの方におすすめNo.1のサービスです!
最大速度が6ギガ/10ギガのサービスも提供しており、とにかく最大速度が速い方がいいという人にも向いています。

45,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも実施しています。
NURO光は、独自の回線を利用。

フレッツ光の回線と比べて利用者が少ないため、回線が混雑しにくいのが特徴です。
提供しているエリアは限られていますが、該当の地域にお住まいの方はぜひ検討してみてください。

  • 最大2Gbpsの最速光回線
  • キャッシュバック45,000円
  • 独自の回線利用で混雑しにくい
  • 提供しているエリアが限られている
  • ソフトバンクスマホ割あり

 

☞ NURO光公式サイトへ
NURO 光

 

 

 

(2)ソフトバンク光:IPv6でもポートの制限を受けない

ソフトバンク光
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,720円
(マンション:4,180円)
使用回線 NTTの光ケーブル
セット割 ソフトバンク、Y!mobile
公式ページ ソフトバンク光

【早分かり!ソフトバンク光の4つの特徴】

  • IPv6高速ハイブリッドで混雑を避けられる
  • IPoE接続サービス特有のポート制限を受けない
  • 全国の約93%にサービスを提供している
  • 快適に使うには光BBユニットのレンタルがほぼ必須

続いて、2つ目に紹介するのがソフトバンク光です。

ソフトバンク光もフレッツ光の回線設備でサービスを提供している光回線ですが、採用しているIPoEサービス(IPv6高速ハイブリット)に少し特徴があります。

一般的にv6プラスやTransixなどのIPoEサービスは使用できるポートに制限がかかってしまうのですが、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリットはその制限が一切かかりません。

そのため、格ゲーやモンハンなどのP2P方式を採用したゲームでも安定した通信をすることが可能です。

ちなみに、実測値に関しても、悪くない感じになっています。

■ソフトバンク光の平均速度データ
RBB AWARD
みんなの速度
Ping値
19.25ms
下り速度
189.2Mbps
258.5Mbps
上り速度
175.0Mbps

NTT系の回線しか契約できなく、なおかつ「ポートの制限が気になる」「ソフトバンクスマホを使っている」という人は、ソフトバンク光がおすすめです。

一方で、先に紹介した「NURO光」やこの後に紹介する「auひかり」「電力回線」が契約できる人は、そちらを優先的に契約した方が、最終的な満足度は高くなると思います。

この辺りは、自分の環境に合わせて選んでみると良いでしょう。

以下、実際に利用している人の口コミになります。
【SoftBank 光】

ソフトバンク光のデメリットは、月額約500円のBBユニットレンタルがほぼ必須になる点です。

IPoEサービスでポートの制限が掛からないと考えるとかなり安いですが、そのメリットが必要ない人からすると、少し割高なネット回線といった感じになるでしょう。

そんなソフトバンク光では、最大37,000円のキャッシュバックを実施しています。かなりお得に契約できるので、気になる人はチェックしてみてください。

そんなソフトバンク光では、最大37,000円のキャッシュバックを実施しています。かなりお得に契約できるので、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

(5)電力回線:一部制限はあるが回線の質は高い

電力回線
最大速度 最大1Gbps
月額料金
使用回線 独自の光ケーブル
セット割 au
公式ページ 下記に記載

【早分かり!電力回線の4つの特徴】

  • 各地域の最大手電力会社が運営する光回線
  • 独自の光ケーブルを使用しており高速&安定
  • 電気やテレビなどとセットで契約しやすい
  • 地域毎に対応しているネット回線が異なる
  • 一部上りなどの制限がある

最後に紹介するのが、各地域の大手電力会社が運営している電力回線です。

地域毎に以下の回線が提供されています。(地域内であっても対応していないこともあります。)

■各地域毎の地域限定回線
地域
利用できる回線
実測値
関西
EO光
Ping値:18.1ms
下り速度:341.5Mbps
中部
コミュファ光
Ping値:20.7ms
下り速度:400.3Mbps
中国
MEGA EGG
Ping値:27.0ms
下り速度:326.1Mbps
四国
ピカラ光
Ping値:24.1ms
下り速度:279.2Mbps
九州
BBIQ
Ping値:29.1ms
下り速度:261.6Mbps
※eo光・コミュファ光は5G/10Gの結果も含みます。

これらの回線はNURO光やauひかりと同じく、独自の回線設備を利用してサービスを提供している光回線です。

そのため、全体的に回線の質は高く、どれもゲームが快適にできる性能をしています。

特に関西地方の「eo光」と中部(東海)地方の「コミュファ光」は、光回線全体の中でもかなり評判の良い回線なので、検討してみる価値は十分にあるでしょう。

以下は実際に利用している人の口コミになります。

ちなみに、電力回線は全てauスマホとのセット割に対応しています。

auユーザーはauひかりと同様の割引を受けることができますので、対応エリアに住んでいる人は一考の価値があると思います。

ただし、コミュファ光を除く電力回線は以下の制限がある点に注意してください。

【※各電力回線の制限について】

  • eo光:月ごとに通信料制限がある(1Gプラン:5TB/5Gプラン:10TB/10Gプラン:20TB)
  • MEGAEGG光:1日で30GBの『アップロード』で制限
  • ピカラ光:3日間で150GBの『アップロード』で制限
  • BBIQ光:IPv6に非対応(混雑時に品質が低下する)

BBIQ光以外は通信量に関する制限になっていますが、どれも余程変わった使い方をしない限り制限に掛かることはありません。(毎日長時間配信などする場合は別ですが…。)

制限さえかからなければ、快適に利用できるネット回線になっていますので、au携帯・スマホの人や対応エリアの人、電気代などをまとめたい人は検討してみると良いでしょう。

 

今利用している回線はオンラインゲームに不向き??

 

 

上記の回線以外をご利用の方で今の回線が良いかどうか判断できない

という方向けにゲーマーから不評なネット回線を紹介していきます。

 

下記で紹介している回線を利用している方でラグに悩まされている方は要チャックです!!

 

 

ADSL回線

 

「従来の電話回線を利用してインターネット通信する」ADSL回線

電気信号を使って通信するため物理的な距離の問題が生じ、インターネットに接続する場所がNTTの基地局から遠方になるほど通信スピードに影響が出てしまいます。

 

▲ADSL回線を過去に利用していた人。

 

更にADSLは現在、NTT東日本・西日本やソフトバンクが提供しており、廃止・終了時期についても各社が発表しています。

NTTフレッツADSL 2023年1月末で終了
ソフトバンク ヤフーADSL 2024年3月末で終了(2020年3月以降に一部地域から順次終了)

今も利用している方は近い未来にサポートされなくなるので、ゲーム回線以前に変更しておく必要があります。

 

 

 

ケーブルテレビ(CATV)回線

 

遅いと評判の回線として挙げられるのはCATV(ケーブルテレビ)回線でしょう。

特に有名な回線として『Jcom』が挙げられますが、ケーブルテレビ局経由から引っ張ることで山間部など電波が届きにくいところや、立地の問題で光回線の工事ができない場所では、テレビやインターネットを見る事ができる利点があります。

 


▲CATV(ケーブルテレビ)回線を過去に利用していた人。

 

ただオンラインゲームをプレイする前提で作られていないので、普通のインターネット閲覧くらいなら問題ありませんがしょっちゅう通信途切れる回線なのでおすすめしません。

 

jcomで検索すると

利用者の声
  • #jcom繋がらない
  • #jcom障害
  • #jcom遅い
  • #jcom不安定

などネガティブな検索ワードも多いことから、利用者の評判も悪いと見て良いかもしれません。

 

 

モバイルWi-Fi

 

 

モバイルWi-Fi(SoftBank air・Rakuten WiFi Pocketなど)もゲーム向きとは言えません。

 

▲SoftBank airを過去に利用していた人の声

 

▲Rakuten WiFi Pocketを過去に利用していた人の声

 

 

現状電波を無線で拾ってネット回線を構築するモバイルWi-Fiは有線に比べ圧倒的に回線の安定性・速度・PING値において劣っています。

自分もソフトバンクAirを利用したことありますが、家にいるのに電波を拾えず窓側に寄せたり場所を変えたり試行錯誤しましたが結局使えず回線が引かれるまで携帯の通信で凌ぐしかありませんでした(もちろんネットゲームは遊べません笑)

将来的に無線でも快適なゲームスピードを構築できる可能性もありますが、現状は安定性に掛けゲーム向きとは言えないですね・・・

 

あくまで普段使い(それも怪しい)と割り切る必要があります!

 

無料インターネット付きマンション

 

 

 

 

▲CATV(ケーブルテレビ)回線を過去に利用していた人。

 

ネット回線を切り替える際に用意すべき周辺機器

 

 

ネット回線を切り替える際に同時に新調しておくべきなのが周辺機器。

 

ポイント 【チェックしたい周辺機器】
・LANケーブル(カテゴリの確認)
・ルーター(利用歴とスペックの確認))

 

LANケーブルが古い場合1Gbpsの回線のスペックを最大限伝えることができないため速度に制限が掛かってしまい、フル性能を発揮できないことがあります。

LANケーブルのカテゴリは『6・6a・7のいずれかを用意しましょう。

 

ルーターはパソコン同様利用寿命があり大体5年前後と言われています。寿命が近づくと回線が急に途切れたり明らか遅くなるなどの不具合が多発します。

またルーターのスペックが足りない場合があります。

最近の回線は年を追うごとに高速になっているので、当時は全く問題なかったルータースペックも現在の回線を処理するには役不足感は否めません。

 

 

まとめ:ゲーマー御用達のゲーム向き回線3選!

 

 

今回は【オンラインゲーム向きのおすすめネット回線3選特徴まとめ】についての紹介でした。

自分も色々調べて周辺機器やネット設定を変更することで改善する場合もありましたが、少し良くなる程度で大本の回線が遅すぎるとどうしても快適なゲーム速度まで改善することができませんでした。

ネット回線は日常利用だけにとどまらず、ゲーマーには無くてはならない快適に遊ぶための重要なツールになっています。

 

もし今の環境で

不満

「応答速度が遅すぎてイライラする」
「ラグのせいで格下に負けた…」
「アップデートの際にダウンロード時間が長すぎる」
「回線落ちで味方に迷惑をかけた」

などで不満がある方はゲーム向きの回線を利用しましょう。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。