【Steam】ログイン時やアカウント作成時に「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラーでロボット認証うまくいかない原因と対処法

 

 

一部のユーザーは、Steamアカウントを作成しようとしたときにキャプチャの問題が発生しています。キャプチャの詳細が正しく入力されていても、プロンプトは「CAPTCHAへの応答が無効になっているようです」などのエラーを返します。

 

この記事で解決する疑問

・Steam「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラー原因
・Steamの「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラー問題を修正する方法は?
・ネット回線に問題がある場合の対策方法

 

このページでは『【Steam】ログイン時やアカウント作成時に「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラーでロボット認証うまくいかない原因と対処法法】』を紹介していきます。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

Steam「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラー原因

 

問題を徹底的に調査した後、入力された詳細が正しい場合でも、このキャプチャエラーをトリガーする可能性のあるいくつかの異なるシナリオがあることが判明しました

CAPTCHAとは何??

これまで気づかなかった人のために、CAPTCHAは基本的に人間の入力と機械の入力を区別するように設計されたコンピュータプログラムです。これは、スパムを阻止する効果的な方法であり、Webサイトからデータを自動的に抽出する方法です。

本質的に、CAPTCHAは基本的にセキュリティ対策です。

 

このエラーの原因は様々な要因が考えられます。

 

STEAM側の問題

 

STEAMの設定側でエラーを起こしている可能性があります。

近々で設定を変更した場合やアップデートなどの不良さらにはファイル移動における不具合など複数の理由が考えられますので複数の対策方法を試す必要があります。

デフォルトでは、Steamクライアントは、インストールする必要のある更新があるかどうかを通知する必要があります。

 

PC・ダウンロードファイルの問題

 

STEAMのソフト側ではなくそもそものPC側設定に問題がある場合も考えられます。

 

Chromiumベースの不具合

実は、SteamのCaptchaウィンドウはChromeフォークを通過するため、Chromeや他のChromiumベースのブラウザーと競合する傾向があります。別のブラウザを使用することで、この問題を完全に回避できます。

 

インターネット接続の問題

 

自宅のインターネット問題が原因でアップデート不良が発生している場合も。

あまりに遅い回線を使用しているとアップロードすら進まない自体が発生。

すぐに何かしら設備の変更を行うことを勧めます!!

 

IPv6干渉

この問題を経験している多くのユーザーによると、IPv6によって引き起こされる不整合が原因で、この特定の問題が発生することが予想されます。これらのユーザーのほとんどは、検証が完了するまでIPv6を一時的に無効にすることで、キャプチャエラーを回避することができました。

使用中のプロキシまたはVPNサーバー

 

キャプチャは、プロキシまたはVPNサーバーを介してフィルタリングされた着信接続をブロックすることで有名であることに注意してください。これが特定の状況に当てはまる場合は、キャプチャ検証を完了できるようにするために、プロキシサーバーまたはVPNサーバーを無効にする必要があります。

 

 

Steamの「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラー問題を修正する方法は?

 

 

設定をいくつか変更するか、コンピューターのマルウェア対策を無効にして、エラーの解決に役立てることができます。修正については、以下で説明します。

一つずつ読んで、注意深く適用してください。

 

 

修正方法1:インターネット接続を確認

 

インターネット接続が機能していることを確認することも忘れてはいけない重要な最初の確認ポイントになります。

wifiまたはモバイルデータを使用している場合は、これを行う必要があります。ワイヤレス接続が不安定になり、接続と更新の問題が発生する場合があります。

もし診断結果でダウンロード速度が50Mbpsを超えていなければゲームのパフォーマンスに影響を与え、アップデートを含むダウンロードを遅くす原因となってる確率が高いです。

 

 

計測速度サイト FAST

 

 

自分の回線がどの程度の速度なのか計測してみることを勧めます!

 

インターネット接続がこれより遅くなると、プレイしているオンラインゲームが切断されたり、パフォーマンスが低下したりする可能性があります。

ネットワークの接続速度が遅い場合は下記で解説している【インターネット接続が原因の場合の解決方法】を参照することをおすすめします。

 

 

 

修正方法2:管理者としてSteamを実行する

 

最初の解決策は、管理者としてSteamを実行することです。

これを行うには、次の手順に従います。

 

【設定手順】

  1. Steam を終了し、タスクマネージャーからシステム上で実行されている Steam 関連のプロセスをすべて停止します。
  2. Steam に関連するすべてのプロセスを停止した後、「スタート」アイコンをクリックし、検索バーに「Steam」と入力します。
  3. 検索結果から「Steam」を探し、右クリックします。
  4. [管理者として実行]オプションを選択します。
  5. 管理者としてSteamが開きます。チャットを開き、画像をアップロードしてみてください。

 

ここで、Steamを管理者として起動した後、改善されるかどうかを確認します。改善が見られない場合は、次の解決策を適用してください。

 

 

修正方法3:ログアウトしてSteamに再度ログインする

 

この方法では、多くのユーザーがSteamで画像の読み込みに失敗した問題を解決できました。ただし、Steamアカウントからログアウトしてから再度ログインして、うまくいくかどうか確認してください。

そのためには、以下の手順を実行してください。

 

【設定手順】

  1. まず、Steamを起動します。
  2. アプリケーションの右上に自分の名前が表示されています。プロフィール名をクリック
  3. アカウントからログアウトするためのオプションが表示されます。
  4. それをクリックしてください。
  5. ログアウト後、Steamを終了します。
  1. 再起動したアプリケーションと、ログインウィンドウが表示されます。
  2. ユーザー名とパスワードを使用してログインします。
  3. ここで、Steamチャットを開いた後、もう一度画像を送信してみてください。

 

次に、Steamイメージのアップロードに失敗したエラーが続くかどうかを確認ます。

 

 

修正方法4:ブラウザのCookieとサイトデータをクリアする

 

キャプチャの検証を再試行する前に、Cookieを削除し、キャッシュデータをクリアすると役立つ場合があります。GoogleChromeでそれを行う方法は次のとおりです。

 

【設定手順】

  1. Chromeブラウザを開き、右上の3つの点線のアイコンである[設定]アイコンをクリックします。ここで、[その他のツール]> [閲覧データの消去]をクリックします。
  2. このオプションが後で開くページから、[詳細設定]タブを選択します。
  3. ここで、[すべての時間]になる時間範囲を選択し、[Cookieとその他のサイトデータ]および[キャッシュされた画像とファイル]ボックスにチェックマークを付けます。
  4. [データの消去]をクリックし、ブラウザーを再起動して、Steamアカウントに再度ログインしてみてください。
  5. うまくいけば、あなたは今、どん​​な困難にも直面しないでしょう。

 

 

修正方法5:ブラウザを変更します

ブラウジングデータをクリアしても問題が解決しない場合は、ブラウザを変更してみてください。

ほとんどの人はChrome経由でSteamを使用していますが、Steamのキャプチャ検証はChromeフォーク経由で行われるため、Chromeが問題の原因である可能性があります。

Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome、および他の同様のツールのホストなど、そこには複数のオプションがあります。

 

修正方法6:コマンドプロンプトを使用してDNSキャッシュをフラッシュし、Winsockをリセットします

 

DNSキャッシュは、コンピュータ上で作られたウェブサイトへの最近の訪問のいくつかの一時的なデータベースです。これはPCのオペレーティングシステムに保存されており、コマンドプロンプトを使用してクリアして、Steamキャプチャエラーを取り除くことができます。

方法は次のとおりです。

 

【設定手順】

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを起動する
  2. コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドラインを入力し、Enterキーを押して実行します
ipconfig / flushdns
netshwinsockリセット

後者のコマンドはWinsockをリセットします。

 

修正方法7:VPNサーバーを無効にする

 

VPNはサードパーティのアプリケーションであるため、VPNを無効にするかアンインストールするだけでも、自動的に機能します。

VPNを有効にすると、特定のサービスで問題が発生する可能性があるため、影響を受けるサービス(この場合はSteam)を使用しなくなるまで一時的に無効にすることをお勧めします。

PCでVPNサーバーを無効にする方法は次のとおりです。

 

【設定手順】

  1. Windowsキーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」コマンドボックスを開き、空白のスペースに「ms-settings:network-proxy」と入力します。これにより、プロキシ設定が開きます
  2. [手動設定]ヘッドで、[サーバーを使用する]オプションをオフに切り替えます
  3. Steamにログインし、問題が解決したかどうかを確認します

 

タスクマネージャを介してプログラムを完全にシャットダウンすることにより、サードパーティのVPNを無効にすることができます。

または、設定アプリからVPNセクションを開き、コンピューターに従来のVPNアプリがインストールされていない場合は、そこからVPNセクションを無効にすることもできます。

 

 

 

修正方法8:プロキシサーバーを無効にする

 

【設定手順】

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開くことから始めます。次に、「ms-settings:network-proxy」 入力し、Enterキーを押して、ネイティブのWindows10メニューから[プロキシ]タブを開きます。
    プロキシメニューへのアクセス
  2. [プロキシ]タブに移動したら、[手動プロキシ設定]セクションまでスクロールして、[プロキシサーバーの使用]に関連付けられているトグルを無効にし ます。
     

    プロキシサーバーの使用を無効にする
  3. プロキシソリューションを無効にした後、コンピューターを再起動してSteamアカウントを作成し、キャプチャ検証に合格できるかどうかを確認します。

 

 

修正方法9:Steamを再インストールする

 

上記のすべての方法が失敗した場合、エラーはおそらくSteamアプリケーションにあります。Steamでの多くのエラーについては、アプリケーションを再インストールするだけで驚異的に機能し、無数の問題が解決されました。

【設定手順】

  1. コントロールパネルを開き、[プログラムのアンインストール]をクリックします。
  2. アプリケーションのリストから、Steam選択し、「アンインストール」をクリックします。
  3. アプリが削除されたら、Steamの公式ウェブサイトにアクセスします。画面の右上隅にある[Steamのインストール]をクリックすると、アプリがPCにインストールされます。
  4. ゲームを再度開き、問題が解決したかどうかを確認します。

 

 

インターネット接続が原因の場合の解決方法

 

 

既知のサーバーの問題が発生していない場合、必ずしもサーバーに関連するものではなく、自宅での通信ネットワークが原因である可能性が高いです。

 

修正方法1:モデムまたはルーターの電源を再起動

 

モデムやルーターなどのネットワーク機器は、長時間稼働させたままにしておくと、正常に動作しなくなることがあります。モデムやルーターの電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて1分間放置し、リフレッシュしてください。

 

【再起動の手順】

  1. ネットワークに接続されているものすべてオフにします。
  2. あなた抜い最初のルータとあなたのモデム秒モデムが組み込まれルーターがあれば、事態ははるかに簡単になる可能性があります
  3. 少なくとも10秒待ちます。
  4. あなたのプラグイン最初のモデムの背面とあなたのルーター秒
  5. コーヒーを飲みましょう。モデムとルーターが完全に起動するまでに2〜3分かかる場合があります。
  6. コンピューターの電源を入れ、インターネットに接続します。
  7. ゲームをもう一度起動して、Hitman3が正しく機能するかどうかを確認します。

 

これにより、デバイスの一時的なメモリとキャッシュがクリアされ、ホームネットワークの問題を引き起こしているネットワークバグが解消されるはずです。

 

 

 

修正方法2:DNSをフラッシュしてIPを更新・別のDNSを利用

 

この「接続に失敗しました」エラーが引き続き発生する場合は【DNSをフラッシュしてIPを更新・別のDNSで接続】を試してみてください。

インターネットサービスプロバイダー(ISP)のデフォルトのDNSサーバーがダウンしたり、泥沼化したりすることがあります。このような状況になると、デバイスのブラウジングの問題やインターネットパフォーマンスの低下につながります。

PCやゲーム機のDNSサーバーが遅くなったと思われる場合は、Googleやその他の企業が提供している無料のDNSサーバーなど、他のDNSサーバーを使用してみてください。

 

 

【PCのDNSIP更新設定方法】

  1. キーボードで、Windowsロゴキー と R を同時に押して  [実行]ダイアログを開きます。
  2. 入力 cmdを 、を押し Ctrlキー、  Shiftキー と 入力し 、管理者としてコマンドプロンプトを実行するには、同時にキーボードの。
  3. 許可を求められます。[はい] をクリック して、コマンドプロンプトを実行し ます。
  4. コマンドライン ipconfig / flushdns 入力し、キーボードのEnterキー を押し ます。
  5. 次に、コマンドライン ipconfig / release 入力し、キーボードのEnterキー を押し ます。
  6. コマンドライン ipconfig / renew 入力し、キーボードのEnterキー を押し ます。

 

 

 

修正方法4:古いルーターを新しいルーターに買い換え

 

ルーターは4~5年前後を目途に買い替えるのが一般的。

その理由としてはルーター本体の機械的な寿命や無線の新しい規格が一般普及したりするタイミングが上記周期と言われてます。

個人的にもいままで数度買い替えを行っていますがWifiが途切れたり通信が遅くなり始めるのが4~5年のことが多かったので割と信憑性があるかと思いますね。

 

【古いルーターの買い替え目安】

  • カラカラ・チリチリといった異音がする
  • 無線規格が11acに未対応
  • 最大1Gbps以上に未対応

 

 

あとルータが安価であれば「壊れやすい」ことは中国産のルータを使用して半年で故障した管理人が保証しますのである程度の価格帯はキープしておいたほうが結果安上がりです笑

オススメのルーターについては、以下の記事で解説していますので、気になる人は合わせてチェックしてみてください。

 

 

 

修正方法10:VPNを利用

 

この問題のもう1つの考えられる原因は、Steamのサーバーへのインターネット接続に関連している可能性があります。こ

れを回避するために、仮想プライベートネットワークまたはVPNを使用できます。

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーを暗号化しつつワンクリックで使用できるサービス

 

要約すると、VPNは別の場所にある独自のプライベートサーバーを介してインターネットトラフィックを暗号化および匿名化します🕵️‍♂️ 。私たちの目的のために、VPNはセキュリティとインターネット速度も向上させますが、VPNが提供するのはさまざまなIPアドレスです。

VPNを使用することにより、インターネット上のIPはもはやあなた自身のものではなく、アクティブなときはいつでもVPN自身のIPになります。このように、Steamのサーバーは、あなたが実際に別のデバイスからデータベースにアクセスしていると見なし、アクセスできるようにする可能性があります。

したがって、Steamストアから特定のIPまたは場所へのブロックがある場合、VPNはこれを簡単にバイパスできます。

このために、Steamクライアントで驚異的に機能することがわかったNordVPNを使用することをお勧めします。使い方は簡単で、ボタンをクリックするだけでほぼ瞬時に起動できます!

 

 

 

修正方法6:快速なネット回線の切り替え【一番効果が高い】

 

上記の方法を試してもし劇的に改善しない場合はそもそものネット回線に問題がある可能性が非常に高いと言わざるを得ません!!

特に以下のような回線を利用している人は、乗り換えをおすすめします。

 

【Switchにはおすすめできない回線】

  • マンションに無料で付いている回線:D.U-netやレオネットなど
  • 持ち運び系のWi-Fi:WiMAXシリーズや○○Wi-Fiシリーズ
  • コンセント挿すだけ回線:ソフトバンクエアーやホームルーター
  • ADSL回線:YahooBB、フレッツADSL
  • CATV回線:Jcomやベイコムなど

 

もちろんこれらの回線が絶対に悪いというわけではありませんが、データや口コミを見る限り、悪い可能性が高いので注意しておいた方が良いです。

回線を切り替えるならゲームでの評判が良い以下の回線をおすすめします。

 

■Ping値が低い回線一覧
回線 平均ダウンロード・アップロード値
NURO光  ダウンロード速度:460.91Mbps
アップロード速度:401.01Mbps
コミュファ光 
※東海地方限定
ダウンロード速度:650.95Mbps
アップロード速度:342.36Mbps
ソフトバンク光 ダウンロード速度:316.63Mbps
アップロード速度:186.24Mbps
eo光 
※関西限定
ダウンロード速度:439.11Mbps
アップロード速度:297.6Mbps
auひかり ダウンロード速度:368.15Mbps
アップロード速度:266.42Mbps
ドコモ光 ダウンロード速度:284.11Mbps
アップロード速度:194.54Mbps

 

 

特におすすめなのは、「 NURO光 」「 auひかり です。

これらの回線は独自の配線設備を利用してサービスを提供しているため、他社の回線と比較して高速で安定しており、ゲームに向いた性能になっています。

 

そして、これらの回線に次いでおすすめなのが「 ドコモ光 」や「 ソフトバンク光」です。

ドコモやソフトバンクはどれもフレッツ光と同じ回線設備を利用しているため、大まかな回線の特徴は変わりません。(多少違いますが…。)

なので、スマホとのセット割や料金などで選んでみると良いと思います。

 

こういったゲームにおすすめの回線や特徴については、以下別記事で解説していますので、切り替えを検討している人はチェックしてみてください。

 

 

まとめ

 

 

今回は『【Steam】ログイン時やアカウント作成時に「画像認証【reCAPTCHA】への応答が無効」エラーでロボット認証うまくいかない原因と対処法】』の紹介でした。

幸いなことに、これらのエラーは修正可能であり、上記の手順を使用すると、ワークショップのエラーに簡単に対処できるはずです。

 

またインタネットそのものに問題がある場合はは契約しているネット回線をへんこうすることで劇的に改善する場合が高いのでしっかりと確認するようにしましょう。

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
ゲーム回線廃人
ゲーム回線廃人です。 幼少期からパソコンに興味があり、ネットゲームやPCゲームを遊ぶ内にネット回線に詳しくなる。数年ネット回線関連の職業に就いた際の知識をわかりやすく解説していきます。回線選びに悩んでいる方はお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。