プロキシサーバーから認証407エラーが表示される原因と対策方法

 

 

407プロキシ認証が必要なエラーメッセージは、オンラインビジネスの所有者にとって苛立たしいものです。仕事に戻るのに役立つ最も一般的な修正のリストをまとめました。

あなたがオンラインで働いているビジネスオーナーなら、おそらく以前にこのエラーを見たことがあるでしょう:

「407プロキシ認証が必要です。」

これはイライラするエラーメッセージであり、ユーザーに何を求めているかについてはあまり示されていないようです。

しかし、心配しないでください!

 

この記事で解決する疑問

・プロキシサーバーから認証407エラーが表示される原因は??
・プロキシサーバーのIPアドレス確認・調べ方方法
・おすすめのプロキシサーバー

 

このページでは『プロキシサーバーから認証407エラーが表示される問題の修正方法』を紹介していきます。

 

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

 

プロキシサーバーから認証407エラーが表示される原因は??

 

Operations Dashboard for ArcGISを使用していて、プロキシを使用してポータルに接続しようとすると、次のエラーが返されます:

 


「リモートサーバーがエラーを返しました:(407)プロキシ認証が必要です。」

デフォルトでは、OperationsDashboardプロキシ認証はオフになっています。設定ファイルから有効にできます。

 

 

必要なプロキシ認証とはどういう意味ですか?

407プロキシ認証が必要なエラーコードは、クライアントとサーバー間の要求をインターセプトするプロキシサーバーの適切な認証資格がクライアントにないため、サーバーが要求を完了できないことを示しています。つまり、クライアントは最初にプロキシで自身を認証する必要があります。

クライアントの要求は、直接認証の問題を報告しません。プロキシサーバーで認証する必要があることを報告するだけです。

ほとんどのHTTP応答コードおよびコードエラーと同様に、この原因は診断または修正が難しい場合があります。

エラーコードはウェブサイトを傷つける可能性がありますか?

はい、すべてのエラーコードは、時間どおりに解決されない場合、Webサイトに悪影響を与える可能性があります。

 例として404エラーを取り上げましょう 。

サイトに404ページが多いほど、ユーザーがサイトに費やす時間は少なくなります。また、サイトのリンク切れが長ければ長いほど、より多くのユーザーがエラーを経験します。これは、ビジネスの成功に不可欠なユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼします。

サーバー側のエラーも、Webサイトに悪影響を与える可能性があります。 たとえば、503エラーはSEOにとって非常に重要です すぐに修正しない場合、検索エンジンはそれを永続的な問題として登録し、ページのインデックスを解除します。

これらのタイプのエラーを回避するために実行する最も重要な手順は、サイトが適切に維持されていることを確認することです。

サーバー側のエラーですか、それともクライアント側のエラーですか?

407プロキシ認証が必要なステータスコードは、クライアントとサーバー間の複雑な関係を表すために使用される50以上のステータスコードの1つです。

4xxグループのすべてのステータスコードはクライアント側のエラーです。これは、クライアント側の何かが問題を引き起こしていることを意味します。

4xxカテゴリには、次のような20以上のHTTPステータスコードが含まれています。

  • 400エラー不正な要求

  • 401エラー不正エラー

  • 403エラー禁止します

  • 404エラーお探しのページが見つかりませんでした

  • 405エラーメソッドは許可されていません

  • 406エラー受け入れられないステータスコード

  • 410エラーなくなった

  • 415エラーサポートされていないメディアタイプ

  • 422エラー処理不可能なエンティティ

  • 429エラーリクエストが多すぎます

4xxグループのステータスコードは、5xxステータスコードとは異なります。4xxコードがクライアント側の問題を示している場合、5xxステータスコードはサーバー側のエラーです。

ほとんどの場合、407プロキシ認証が必要な原因はクライアントが原因ですが、まれに、サーバーがエラーの根本的な原因である可能性があります。サーバーが正しく構成されておらず、要求を不適切に処理している可能性があります。その結果、ステータスコードが407になる可能性があります。

プロキシサーバーから認証407エラーが表示される問題の修正方法

 

接続されない場合は、以下のような解決策がありますので、試してみてください。

クライアント側の問題のトラブルシューティング

 

 

修正方法1:URLを再確認してください

407エラーの最も一般的な理由の1つは、ブラウザのアドレスバーに入力されたURLが正しくないことです。たとえば、example.com/index.htmlのページに移動するとします。

そのアドレスを入力する代わりに、次のように入力しました:example.com/index

小さなエラーですが、407エラーメッセージが表示される場合があります。

そうは言っても、最初に実行したいのは、以下にリストされている他の手順を試す前に、URLをチェックして正しいことを確認することです。

修正方法2:最近のアップグレードのロールバック

407エラーメッセージのもう1つの一般的な理由は、CRMに対して最近行ったアップグレードまたはインストールです。最近アップグレードを行った場合は、サイトの制御を取り戻すために、以前のバージョンにロールバックすることを検討してください。

 

 

修正方法3:新しい拡張機能、モジュール、またはプラグインをアンインストールします

拡張機能、モジュール、プラグインはすべて、通常の状態で使用できる機能を超えて機能と機能を改善することでよく知られています。

しかし、これらのアドオンがシステムを完全に制御できる場合があることをご存知ですか?

彼らはあなたのシステムを乗っ取って、PHPコー、CSS、HTML、またはあなたのデータベースを変更することができます。

したがって、最近いくつかの新しい追加機能をインストールした場合は、必ずそれらをアンインストールしてください。

特定の拡張機能を削除する際にサポートが必要な場合は、拡張機能の名前をGoogleで検索して、公式ドキュメントを検索してください。これは、可能な限り安全な方法で拡張機能をアンインストールするのに役立ちます。

修正方法4:予期しないデータベースの変更を確認

ここにもう一つの衝撃的な事実があります:

拡張機能をアンインストールしても、拡張機能によって行われた変更が完全に元に戻らない場合があります。

実際、一部の拡張機能、特に WordPressプラットフォームでは、データベースへのフルアクセス権を取得し、他の拡張機能に属するテーブルのレコードを変更することもできます。

これが発生した場合に行うべき最善の方法は、各テーブルを1つずつ開くか、特定のプラグインからの変更されたデータについてすべてを手動でコーミングすることです。または、すばやく調査して、同じ問題を経験した人を見つけて、問題をどのように処理したかを確認することもできます。

修正方法5:予期しないデータベースの変更を確認

 

解決策は、次のファイルを変更して、必要なプロキシ構成を指定することです。

C:\ Windows \ Microsoft.NET \ Framework64 \ v4.0.30319 \ Config \ machine.config

次のセクションをmachine.configファイルに追加して、プロキシサーバー名またはIPとポート番号を指定する必要があります。

<system.net> 

<defaultProxy enabled =” true” useDefaultCredentials =” true”>

<プロキシ

usesystemdefault =” true”

proxyaddress =” http:// <PROXYADDRESS>:<PROXYPORT>”

pauseonlocal =” true”

/>

</ defaultProxy>

</system.net>

注:  この追加セクションを配置する場所に注意してください。そうしないと、AzureADConnectの実行中に次のエラーが発生する可能性があります

追加の行は、machine.configファイルの最後に追加する必要がありますが、最後の</ configuration >

修正方法6:インターネットオプションに変更

この問題を解決するために、プロキシ設定を次のように変更しました。

IEのインターネットオプションに移動し、[接続]タブ->[LAN設定]をクリックします。そして、ここで以下のことを行います。

 

【設定の手順】

  • [設定を自動的に検出する]をオンにします
  • [自動構成スクリプトを使用する]のチェックを外します
  • [LANにプロキシサーバーを使用する]チェックボックスをオフにします(これらの設定は、ダイヤルアップ接続またはVPN接続には適用されません)。

下の図を参照してください。

SharePointリモートサーバーがエラーを返しました407プロキシ認証が必要です

サーバー側でのトラブルシューティング

 

上記のトラブルシューティング手順をすべて試しましたが、何も機能しませんでしたか?

その場合は、サーバー側でいくつかのトラブルシューティング戦略を試してみましょう。

飛び込みましょう!

修正方法1:構成ファイルを確認してください

 

 次のトラブルシューティングのヒントは、Webサーバーの構成ファイルに 意図しない リダイレクト命令があるかどうかを確認することです。

アプリケーションは、ApacheまたはNginxWebサーバーで実行されています。Apacheサーバーであることが判明した場合は、apache_serverと.htaccessの両方をチェックする必要があります。

一方、Nginxを使用している場合は、チェックする必要があるファイルは1つだけです。つまり、nginx_conf_です。ファイルを見つけたら、407エラーを検索し、何かが表示されるかどうかを確認します。含まれている場合は、変更する必要があります。ステータスコードが不要な場合は完全に削除するか、特定のページに適用します。

修正方法2:アプリケーションログを確認する

アプリケーションログは、Webサイトの日記のようなもので、要求されたページと接続されたサーバーの詳細が示されます。

407エラーのアプリログファイルを開くと、通常、この問題の解決に向けて正しい方向を示す何らかの一致があります。

 

 

おすすめのプロキシサーバー

 

ではおすすめのプロキシサーバーをまとめましたのでご参考に!

 

Blazing Proxies

  • 場所: 13か国
  • 許可される同時実行性:無制限
  • 許可される帯域幅:無制限
  • 費用: 1か月間プロキシあたり1.70ドル

 

Blazing Proxiesのデータセンタープロキシは、やり過ぎなければSEOに使用できることを知っておくと面白いかもしれません。日本を含む約13カ国のプロキシがあります。Blazing Proxiesでは、帯域幅が無制限で、好きなだけスレッドを作成することができます。

サブネットの数も豊富です。彼らのプロキシはまた非常に速く、HTTP、HTTPS、SOCKSプロトコルをサポートしています。彼らのプロキシは、安価で仕事を得ることができます。

 

 

 

ハイプロキシ

  • 場所:米国、カナダ、およびEU地域のみ
  • 許可される同時実行性:最大100スレッド
  • 許可される帯域幅:無制限
  • 費用: 1か月間プロキシあたり$1.40

 

あなたは何のためにプロキシを必要とするのですか?H

ighproxiesは、あなたのカバーを取得することがあります。このデータセンターのプロキシプロバイダのグループは、使用例に基づいて別のカテゴリにそのプロキシ-ソーシャルメディア、チケット、クラシファイド広告、プライベート、および共有プロキシです。

Highproxiesについて感謝するようになる一つのことは、彼らのプロキシは、プレミアムと高速であるということです. Highproxiesは日本にプロキシサーバを持ち、そこから高品質の日本のIPアドレスにアクセスすることができます。その価格設定も安いと言えます。

 

Webシェア

  • 場所:サポートされている20か国以上
  • 許可される同時実行性:最大100スレッド許可される帯域幅:無制限
  • 費用: 1か月の5つのプロキシで$ 2.50

 

 

Webshareは、あなたがから日本のIPアドレスを取得することができます別のプロバイダです。し

有料プランは十分に安く、彼らはあなたから選択する別のオプションを持っている – 共有プロキシ、プライベートプロキシ、およびプロキシを回転させます。

あなたがこのプロバイダについて好きになる一つのことは、それが簡単にAPIリクエストを経由してあなたのプロキシを取得するために作る開発者のAPIです。 もし、予算が限られているのであれば、Webshare は良い選択肢です。

 

 

まとめ

 

 

今回は【プロキシサーバーから認証407エラーが表示される問題の修正方法】の紹介でした。

上記から、ほんの数ステップでプロキシアドレスを確認する方法がたくさんあることがわかります。

 

■ゲーム廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
ドコモ光  ・最大1Gbpsの高速回線
・全国の約93%にサービスを提供
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自光ファイバーで速度が安定している回線
詳細
NURO光  ・最大2Gbpsの超高速回線
・大会があるeSports施設でも採用
・現状日本最速のネット回線
詳細
※詳細を押すと解説ページに飛びます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
ゲーム回線廃人
ゲーム回線廃人です。 幼少期からパソコンに興味があり、ネットゲームやPCゲームを遊ぶ内にネット回線に詳しくなる。数年ネット回線関連の職業に就いた際の知識をわかりやすく解説していきます。回線選びに悩んでいる方はお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。